五社堂は赤神神社の本縁とされており、中央堂に主神として赤神を祀ったの
で、赤神神社の名称になったとされています。
建保四年(1216)別当円転が霊夢に感じて鎌倉の右大臣源実朝公に請願、
円転に命じて叡山山麓の山王上七社を勧請したもので二社廃れたので五社に
配祀されたとされています。
各堂の名称は向かって左から、「十禅師堂」「八王子堂」「中堂」
「客人(まろうど)権現堂」「三の宮堂」と呼称されています。また、この
五社堂は建立、再建、修理の年代がよく解るため、近世社寺建築の編年上重
要な建物とされております。現存の五棟の社殿は江戸時代の中ごろ(1710年
宝永7年)に建てられたものといわれ、向拝、屋根、柱、組み物などに珍しい
工夫がみられます。平成10年10月1日より3年6ヶ月、平成の大修理が行わ
れました。



九百九十九段の階段をのぼり、やっと姿をあらわした五社堂(姿見の井戸付近から撮影)


五社堂のすぐ下に「姿見の井戸」とよばれる古い井戸がある。姿が映らなかったり、ぼやけると不幸があると信じられている。

詳しい資料はこちらをクリックして下さい。


Copyright (c) 2004 Akagami Shrine Goshado . All Rights Reserved.