なまはげは、12月31日大晦日の夜(旧1月15日)、男鹿半島で行われる伝統的な
民族行事です。恐ろしい形相の鬼が、わらみのをつけ、大きな出刃包丁を手に
「ウォー、ウォー」と奇声を上げながら「泣ぐ子はいねが」「なまげ嫁はいねが」と
家々を練り歩きます。「なまはげ」の語源は「ナモミ(火形)ハギ」つまり、仕事も
せずに囲炉裏にあたってばかりいる怠け者はあしのすねに火形がつくので、それを剥
ぎ取りこらしめてやるぞ。というところから起こっているといわれています。
伝説によればその昔、漢の武帝に連れて来られた五色の鬼たちが、畑を荒らし食べ物
や娘たちを略奪するなど荒らしまわっていました。困り果てた村人たちは、娘を差し
出すことを条件に、一晩で五社堂まで千段のの石段を積み上げることを約束させまし
た。999段積み上げ、あとい1段という時に一番鶏の鳴き真似をして夜明けを告げ
たので鬼は逃げてしまい、それ以後村人の前に姿を現さなかったということです。


「ウォー、ウォー、泣ぐ子はいねがぁ」
国指定重要無形民俗文化財(昭和53年)

奇習「なまはげ」は、12月31日大晦日の夜(旧1月15日)、男鹿半島全域
の約60地区において行われる伝統的な民俗行事です。各地区の若者らが、鬼のよう
な面をかぶり、わら製のケラミノやハバキをつけ、素足にわらぐつをはき、手に木製
の出刃包丁を携えて忽然とやってきます。「なまはげにつれでいがれるぞ」と、なま
け者や、ぐずる子供を戒めます。 一年に一度訪れて、集落の各家々を巡り、悪事に
訓戒を与え、災禍を祓い、祝福を与えて去るといわれる「なまはげ」は、年の節目と
しての年越しの夜にやってくる「神」ともいわれています... 
昭和53年、国の重要無形民俗文化財に指定されました。




Copyright (c) 2004 Akagami Shrine Goshado . All Rights Reserved.